一般社団法人 福江青年会議所

福江JC 2017年度スローガン ひとがまちを創り、まちがひとを創る 次の世代へ STAY GOLD!


社団法人福江青年会議所2016年度スローガン 
理事長所信
2017年度 一般社団法人福江青年会議所 理事長所信
一般社団法人福江青年会議所
理事長 吉田 慎太郎
【所信】
【はじめに】
 私は2015年に第51代理事長を務め、今回2度目の理事長をさせていただく事となりました。
 2015年は例年とは異なる活動が多い年でした。特にわんぱく相撲五島場所を開催しなかった事、監事の役職を卒業生に務めていただいた事、そして長崎ブロック協議会会長を福江の地から輩出した年でもありました。理事長としての役職、立場で様々な場所や会議に出席する機会をいただきました。五島市まち・ひと・しごと創生推進会議委員として五島市総合戦略の企画立案に携わらせいただいた事は、五島市の現状とこれからの活動、目標を知る機会となりました。
 青年会議所は「まちづくり」ができる「ひとづくり」の団体であり「ひとの意識を変える」ことにその運動の本質があります。なぜ「まちづくり」ができる「ひとづくり」を行い「ひとの意識を変える」必要性があるのでしょうか。突き詰めるとそれは自分のためであると気づきます。言い換えれば、自分のために「まちづくり」「ひとづくり」「ひとの意識を変える」必要があるのです。現状を楽観し傍観し続けていて大丈夫でしょうか。自分や自分の愛する人が住み暮らす全ての現状が変化し、その全てが凋落する可能性さえ秘めています。まさに今こそ、自分のために、「まちづくり」「ひとづくり」「ひとの意識を変える」必要があるのです。
 福江青年会議所は1959年より58年間、「明るい豊かな社会の実現」の為に活動を続けてまいりました。
 2017年はスローガンとして、

「ひとがまちを創り、まちがひとを創る
次の世代へ STAY GOLD!」


と掲げ、活動してまいります。
先人は高い志を持ち、時に命を懸けて海を渡り、習得した知識や技術で地域の発展に貢献し、日本や九州という広域的且つ俯瞰的な視野で政治と経済を牽引してきました。私たちは先人の志を身に纏い、次の世代に対してこのまちをより魅力あるものとするために、さらなる研鑽努力を積み重ね、今と未来を見据え率先して行動してまいります。

【福江青年会議所とは】
 福江青年会議所は2014年に創立56周年・認承50周年を迎える事ができました。これは福江青年会議所を創立し、活動を続けてこられた先輩方がいらっしゃったからこそ、50年という長い間、会が存続しているのだという事を感じ、尊敬と感謝の念に堪えません。
 2014年、公益法人制度改革により一般社団法人福江青年会議所として新たな第一歩を踏み出しました。2017年はさらなる成長を遂げる一年とします。一般社団法人格を取得したとはいえ創立以来、先輩方が養ってこられた伝統・理念・創始の精神は今もこの福江青年会議所現役メンバーに脈々と受け継がれています。

【会員拡大の推進】
 福江青年会議所は創立以来、明るい豊かな社会の実現の為に志を持つ青年が集い、いま自分達ができる事を自ら考え、行動に移しています。青年会議所の40歳を期限に卒業し組織の若さを保つ特性により、これからもまちにとって必要とされる団体として存在していく為には継続した会員数の維持・確保が必要です。活動する仲間を増やす会員拡大こそがひとづくりの基礎であり、まちづくりに繋がります。まちを元気にするのは若者の使命であると考え、情熱をもって会員拡大を行っていく事が重要です。
 数は力です。団体として人数が少なくても事業は行えますが仲間が多い方が行える事は多くなり励みにもなります。青年会議所は入会しないと知り合う事が出来ない人達との出会いがあります。青年会議所活動を通してまちを改めて見直すいい機会になるはずです。会員拡大により新入会員が増える事で、更に我々の活動は力強いものとなり、その結果このまちが明るく豊かなものになると信じています。

【次世代を担うJAYCEEの育成】
 日々会話をする中で自分の考えを正確に相手に伝えられているのか、相手がちゃんと理解してくれているのか不安になる事が誰でもあります。そうした日常のコミュニケーションもそうですが、JCは例会、総会、理事会など自分の考えを文章にまとめる、相手に正確に伝える、自分の考えに対して意見をもらえる、自分の考える事だけが全てではない事を学ぶ事ができる場であります。
 会費を支払って福江青年会議所に所属していますが、会費が高い・時間を取られるのが嫌だと私は入会当初思っていました。しかしある時、子供の頃学習塾に通っていたのを思い出しました。自分が勉強する為、経験を得る為に塾に通うのと同じで会費を支払っているのです。「JCは大人の部活動」と先輩から言われたことがあります。学生の本分は勉強です。その本分以外に部活に所属し、活動していたのは何故でしょうか。楽しかったから、友達に誘われたから、好きだったからと色々な理由があるでしょう。そうした部活をしていた人の多くは良くも悪くもその時の話を今でも当時の仲間としています。その時に一生懸命だった分、つらい、悲しい、楽しい思い出など過ぎてしまった今となっては笑い話となっています。
 JC活動も部活動と同じと考えれば、やってもやらなくてもそれは自分次第です。
 せっかく所属して同じ会費を支払っているのなら自分のできる範囲で活動をした方が自分の成長に繋がります。

【他団体との連携強化】
 現在、このまちでは数多くの団体が活動を行っており、それぞれに特色や強みを持っています。各々で活動している団体が協力して一つの事業を行ったとしたら、いったいどうなるでしょうか。今まで無理だと思って諦めていた事業もできるようになるでしょう。同じまちの為に活動している団体です。
 その為には、これまで福江青年会議所が役員・委員として出向させていただいている団体の活動には積極的に参加し、交流を深めていきます。私自身がパイプ役となり、連携を強化してもっとこのまちを盛り上げていきます。
 参加した事業、活動については情報発信していき、団体の活動がより身近に感じられるよう努めていきます。

【元気な五島市の創造】
 五島市の人口は毎年明らかに減少しています。経済事情や雇用機会の減少、進学の為など様々な理由によって多くの人がこの島を離れてゆきます。この五島市に対して魅力を感じている人はいったいどれだけいるのでしょうか。本当に住みたいまちであるなら、人口は増加するはずです。
 このまちに住んでいると、素晴らしい景色、美味しい食べ物など、本当は価値があるはずのものが当たり前になりすぎて、その魅力を忘れてしまいがちです。無いものねだりではなく、今あるものの価値を見直し、市民一人ひとりが「五島最高」と胸を張って言えるまちになるよう、まずはこのまちの魅力を私たちが思い出し、そして誇りを持てるよう、市民に伝えていきます。市民が誇りを持つ事がこのまちの活気となり、観光や仕事などで訪れた人たちにとっても本当に住みたいまちだと感じてもらえると思います。

【魂の伝承】
 JCに出会い仲間と共に議論をし、フィールドにでて事業を行うたびに、今まで知ろうともしなかったこのまちの素晴らしさや自分の伸び代に気づきます。一つ一つの事業が自分の成長となり事業が終わるたびに満足感や達成感を感じます。JCと出会い活動し、いつの間にかこのまちが大好きになっている自分がここにいます。
 53年目を預かる現役会員として、そしてこのまちを愛する一人の青年としてこれからの「明るい豊かな社会の実現」の為に、このまちを明るく豊かなものとするのは我々の使命であると心に刻み、地域の発展の為に必要な事は何なのか、福江青年会議所として未来を見据え、第53代理事長として今の時代の決断をしてゆきます。
 素晴らしい仲間と共にこれからも議論を尽くしながら更なる成長を目指し、輝き続けていきます。
 今まで先輩方が長きに渡り築いてこられた福江青年会議所の魂を伝承し、全身全霊をかけて理事長職を全うする事をお誓い申し上げ、2017年度の理事長としての所信とさせて頂きます。

やろうと心に決めなければ、物事は前には進みません
己がまず、はっきりとした目的を持って行動することで、道は拓けます
挑戦する気持ちを忘れず、勇気と情熱を持って、新たな一歩を踏み出そう
かけがえのない仲間とともに



スローガン

ひとがまちを創り、まちがひとを創る
次の世代へ STAY GOLD!

基本理念

 このまちの次の世代は我々青年世代が背負っていかなければならない。そうした立場になった時に、本当に人々を引っ張って行ける人間になれるよう事業を通じて謙虚な姿勢で学んでいこう。

基本方針

  • 1.  会員拡大の推進
  • 2.  次世代を担うJAYCEEの育成
  • 3.  他団体との連携強化
  • 4.  元気な五島市の創造

職務分掌

  • 1.  ひとづくり担当
    • ○ 総会・例会の企画運営
    • ○ 青少年を対象とした事業の企画運営
    • ○ 会員の資質に関する事業の企画運営
  • 2.  まちづくり担当
    • ○ 総会・例会の企画運営
    • ○ まちづくりに携わる他団体との関係強化
  • 3.  財政規則担当
    • ○ 財政、規則に関わる庶務全般
  • 4.  会員拡大担当
    • ○ 会員拡大に関わる活動強化
以上